こんなマンガで持ちきりですよ

とりあえず漫画感想ブログ

2018年7月読んで面白かった漫画【月別漫画まとめ】

どうもこんにちは!もちきです

毎月恒例、月別漫画まとめ記事になります!

 

 

 

7月はブログの更新が滞って、ほとんど更新できませんでした。もうちょっと更新していきたいなとは思っているんですが、他にやりたいことがあって中々……。

一番の理由はオクトパストラベラーってゲームをやってたからですね。

マジでハマりすぎて1週間で50時間くらいやってました。とりあえず裏ボスを倒してやることがなくなって喪失感に襲われてます。

 

7月あんまり更新できなかった分、8月はもうちょっと更新頻度を上げたいです。

 

簡単に概要


この記事では7月に読んで面白かった漫画「のみ」を紹介しています。

 

買った漫画は以下に分けて記載しています。

◦その月に発売した新規タイトル

◦その他の月に発売した新規タイトル

◦継続購入しているタイトル

 

また、その月読んで一番面白かった漫画を「その月のNo. 1タイトル」として最後に選びます。

 

では早速。

 

<先月の記事はこちら>

 

mochiki.hatenadiary.com

 

 

 

7月発売の新規タイトル

『呪術廻戦』

呪術廻戦 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

呪術廻戦 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

ちょっとグロテスクなダークファンタジー。暗めなストーリーも軽いノリでサクサク読ませる。戦闘シーンはド派手でカッコいい。

 
世界観やノリはソウルイーターに近いものを感じました。

 

<試し読み>

https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156629115262

 

『天国大魔境』

石黒正数先生の最新作。

序盤なので物語の全貌はまだまだわかりませんが、この世界観だけでワクワクできる。1巻では伏線をバラバラとばら撒いている最中で考察が捗りますね。

 

それ町好きは買って間違いないんじゃないでしょうか。

 

<試し読み>

http://www.moae.jp/comic/tengokudaimakyo/1

 

キスアンドクライ

キスアンドクライ(1) (講談社コミックス)

キスアンドクライ(1) (講談社コミックス)

 

 

少年マガジンで読切掲載当時、SNSで話題となったフィギュアスケート漫画。

作者の芸術とも言える画力は読むものをすぐさま虜にする。特に1話の競技シーンは鳥肌必至です。

 

<試し読み>

https://pocket.shonenmagazine.com/episode/10834108156629592891

 

『落ちてるふたり』

 

ほのぼのした雰囲気のラブコメ

ダメカワイイヒロイン明石さんの魅力たるや素晴らしい。いい加減なお姉さんに振り回されるのって良いよね……。

今こういうラブコメは逆に貴重なので、打ち切りにせずちゃんと終わらせてほしいです。

 

<試し読み>

https://pocket.shonenmagazine.com/episode/10834108156629393410

 

『ながたんと青と』 

磯谷友紀先生の最新作。

まだこの作品と『あかねのハネ』くらいしか読んだことないんだけど、磯谷友紀先生の絵めっちゃ好きです。読んでいて落ち着く優しい絵。

過去作にもちょこちょこ手を出してみようと思います。

 

<試し読み>

http://www.ebookjapan.jp/ebj/463089/

 

『アリスとアマリリス

アリスとアマリリス(1) (KC KISS)

アリスとアマリリス(1) (KC KISS)

 

どこにでもありそうなごくごく普通で幸せな家庭が、ある日を境に状況が一変してしまう。母は強し、という言葉はこの漫画にあるものなんじゃないかと思ってしまう。良い一巻でした。

こういう少女漫画をもっとガシガシ読んでいきたいなあ。

 

<試し読み>

https://sokuyomi.jp/product/arisutoama_001/CO/1/

 

『コノマチキネマ

コノマチキネマ 1 (ゼノンコミックス)

コノマチキネマ 1 (ゼノンコミックス)

 

1つ屋根の下、同じアパートに暮らすの住人たちの人間模様を描いた漫画。主人公の性格がトラブルに自ら突っ込んでいくタイプでストーリーに波風を立たせていく。

今のところ恋愛ものではないので、その辺りを頭に入れておくとギャップにガッカリしないで読めるかと思います。

 

<試し読み>

http://www.comic-zenon.jp/tachiyomi/mb/js_kinema.html

 

 

『アスペル・カノジョ』

アスペル・カノジョ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

アスペル・カノジョ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

冷静に考えると今年1番の衝撃作でした。


アスペルガーはこういうものです」って説明する漫画は読んだことあるんだけど、ここまで思考回路を明確に説明して更にその対応策が具体的に描いてある漫画は初めて読んだ。

そんで勉強になるだけじゃなく漫画として面白い。すげえ。

 

<試し読み>

https://sokuyomi.jp/product/asuperukan_001/CO/1/

 

7月発売以外の新規タイトル

 

初恋ゾンビ』1〜12巻

1巻から新刊まで一気読み。9巻で話が大きく動いてから急加速で面白くなってきました。

完結が近いのかどうかはわからないけど、まだまだ話は二転三転しそうで先が気になります。


ちなみに私的ベストシーンは10巻のお弁当食べるシーン。悶え死ぬ。

 

『怪物事変』1〜5巻

怪物事変 1 (ジャンプコミックス)

怪物事変 1 (ジャンプコミックス)

 

読みやすくて好きなタイプの漫画でした。

わかりやすいストーリーにスッキリとした絵柄。お手軽に読めるんだけど、たまにゾクリとさせるようなワンカットがあって引き締まる。

にしても「保健室の死神」の作者さんってのは気付かなかったなあ。

 

 

継続購入タイトル

 

『恋せよキモノ乙女』2巻

恋せよキモノ乙女 2 (BUNCH COMICS)

恋せよキモノ乙女 2 (BUNCH COMICS)

 

着物が好きな主人公の恋物語

主人公のはんなりとした関西弁が心地いい。今更ですが「恋せよキモノ乙女」ってタイトルがこの漫画にこれ以上ないくらいピッタリで素晴らしいなと思いました。

 

 

『ラジエーションハウス』6巻

とにかく圧倒的に読みやすい放射線技師漫画。

専門用語もガンガン使われてるのに、演出の巧みさでスムーズに読ませる。医療漫画特有のとっつきにくさも、この漫画からは全く感じないのが凄いです。

見開きシーンのハイタッチは流石に震えましたね。

 

 

『モブ子の恋』3巻

モブ子の恋 3巻

モブ子の恋 3巻

 

純愛ラブストーリー。絶妙な距離感は読んでるこっちがモゾモゾとしてしまう。

バイト先のキャラも良い人ばっかりで、読んでて心が洗われてるような気持ちになる。怒られてちゃんと謝るって簡単そうですごく難しいんですよね。

 

 

今月のNo. 1タイトル

今月も面白い漫画が大豊作でしたが、1番面白かったのはこれでした。

 

『呪術廻戦』

f:id:mochiki:20180731092106j:image

週刊少年ジャンプの新作。もうめちゃくちゃ面白い。

ただ勘違いしないで欲しいのが、1巻の時点から爆発的に面白い漫画ではないという事。

私は週刊少年ジャンプを定期購読してるんですが、本格的に面白くなるのは2巻の辺りから。(もちろん1巻の時点でも十分面白いんですが……)そんで現在ジャンプではおそらく3巻に収録されるであろう話が進んでいる訳ですが、もうとんでもなく面白い。話が進むにつれてドンドンドンドン面白くなっているんです。

 

なので「評判が良いから1巻を読んだけどあんまりだった……2巻は買わなくていいか」って感想を持った方も騙されたと思って2巻を買って欲しい。

買い進めているといつのまにか、その評価は大きく変わっているかもしれません。

 

まとめ


以上、7月読んで面白かった漫画まとめでした。

 

振り返ってみると、今月は1巻発売の漫画が豊作だったような気がしますね。

1巻発売の漫画は試し読みURLを貼っているので、気になった方は是非読んでみて下さい。

 

おしまい。